春に読みたい絵本『14ひきのぴくにっく』感想・おすすめポイント

本の紹介

おとおさん おかあさん おじいさん おばあさん

そして きょうだい 10ぴき。

ぼくらは みんなで 14ひき かぞく。

今回は、いわむらかずお さく『14ひきのぴくにっく』をご紹介します。

暖かな春、ねずみの14ひきかぞくは花や昆虫、鳥たちでにぎやかになった野山に「ぴくにっく」に出かけます。

14ひきかぞくと一緒に、春の野原を散策している気分になる、ほっこりとした魅力にあふれる絵本です。

この記事では、『14ひきのぴくにっく』の基本情報に加え、内容(あら)紹介(すじ)とおすすめポイント、「14匹のシリーズ」の魅力についても書いていきます。

基本情報

  • 作者  :いわむらかずお
  • 対象年齢:3~5歳
  • ページ数:32頁
  • 初版出版:1986年11月15日
  • 出版社 :童心社

『14ひきのぴくにっく』のあらすじ

よく晴れた春の日、14ひきかぞくは、手作りのお弁当を持って野原に出かけます。

もりは花ざかり、やまぶき、ちごゆり、ふでりんどう…。

次々とかわいらしい花をみつけます。

生き物たちも、温かな春の陽気になんだかうれしそう。

小さな発見とともに、かぞくみんなで春の「ぴくにっく」を楽しみます。

『14ひきのぴくにっく』のおすすめポイント

『14ひきのぴくにっく』のおすすめポイントを、次の3つにまとめてご紹介します。

  • 細かく描かれた美しい自然に癒される
  • キャラクターが際立ったきょうだい達がかわいい
  • 絵さがしとして、小さいうちから楽しめる

それぞれ詳しく見ていきます。

細かく描かれた美しい自然に癒される

一番の魅力は、作品を通して「春」という季節を存分に味わえることです。

背景の植物や生き物は、まるで図鑑のように細かく描き込まれています。

「これ何?…『ほとけのざ』だって。」

「たくさんタンポポ咲いてるね。」

「ひきがえる、でかっ!」

と、子ども達は14ひきかぞくと一緒に野原を散策しているかのように、たくさんの小さな発見をしていました。

裏表紙に、植物のスケッチと名前が書かれているので、作中の絵と照らし合わせながら、植物の名前を知ることもできます

木々の間にやさしい太陽の光が差し込み、風に乗ってタンポポの綿毛がふわっと飛んでいく描写からも、気持ちよさそうな春の陽気を感じることができます。

自分一人で画集のような感じで眺めていることもあり、その世界観に癒されています。

キャラクターが際立ったきょうだい達がかわいい

10ひきのきょうだいには、それぞれ性格や特徴があります

長男の「いっくん (1)」はしっかりもの。お父さんのお仕事を手伝うことも多いです。

末っ子の「とっくん (10)」はおじいちゃんっこ。『14ひきのぴくにっく』の中でも、おじいちゃんと手を繋いで歩いている場面がたくさんあります。

「くんちゃん (9)」は、寝るときも、お出かけのときも、いつでもお人形 (ねずみのぬいぐるみ) と一緒です。

作品を読みながら、

「この子は、こんな性格なのかな…」

と想像するもの楽しいです。

『14ひきのぴくにっく』で特にかわいいらしいのは「ろっくん (6)」

とのさまがえるが小川を ぴょーん と飛び越えたのを見たきょうだい達は、次々に小川を飛び越え、ジャンプ!

「にっくん (2)」「ごうくん (5)」「はっくん (8)」…

そして、「ろっくん (6)」も挑みますが、

“じゃぼーん!”

ひとりだけ小川に落ちてしまいます。

頑張ってチャレンジしたけれど、ちょっぴりどんくさいところがかわいらしいです。

弟の「はっくん (8)」が先に飛び越えたのを見て、「負けられない」とでも思ったのかな?

絵さがしとして、小さいうちから楽しめる

文も少なめ、すべてひらがなで書かれていているので、小さい内から楽しめる作品ではありますが、

  • お話を聴くことを好まない子
  • 対象年齢より小さな子 (3才になる前)

であっても「絵さがしの本」として楽しむことができると思います。

先にも書いたように、背景がかなり細かく描き込まれているので、

「てんとうむし、どーこだ?」

と私が訪ねると、子ども達は一生懸命になっててんとうむしを探してくれました。

本当にちっちゃく描かれているので、なかなか見つけられずに苦戦するものまた、楽しい思い出になると思います。

14ひきシリーズの魅力

以降の記事はおやすみ前に読みたい絵本『14ひきのこもりうた』感想・おすすめポイント」と一部同様の内容を記載しています。

『14ひきのひっこし』『14ひきのあさごはん』が2冊同時に出版され、シリーズがスタートしたのは1983年。

発行から40年以上が経っていますが、その魅力はせることなく、今でも大型本屋さんに並ぶ超ロングセラーです。

作者は、童心社のホームページの中で、

「雑木林の中の家族の情景」それが自分にとっての「原風景」

と語っているとおり、『14ひきシリーズ』を読むと、「自然の中で家族と一緒に慎ましく暮らす幸せ」「自然の恵みに感謝しながら生きることの大切さ」などが伝わってきます。

→みなさんへのメッセージ 14ひきの作者より

「14ひきシリーズ」の魅力を、次の2点にまとめてご紹介します。

  • 春夏秋冬、四季の変化や季節の行事を感じられる
  • お話を補足してくれる、細かく描きこまれた絵

春夏秋冬、四季の変化や季節の行事を感じられる

『14ひきのせんたく』では、夏の晴れた日に川へ洗濯へ行き、みんなで川遊びをします。

秋には『14ひきのおつきみ』。かぞくみんなで木の上に作ったお月見台に登って、真ん丸に輝くお月様にお団子を供え「たくさんの みのりを ありがとう」と伝えます。

『14ひきのもちつき』では、もち米を蒸かして、きねうすをつかって昔ながらの餅つき。鏡餅かがみもちもこしらえて、お正月を迎える準備をします。

春夏秋冬、移ろいゆく自然と「その季節ならではの遊びや行事」が描かれているので、絵本の中で日本の四季を深く味わえます。

お話を補足する細かく描かれた絵

絵が美しいだけでなく、ストーリーを補足するように描かれているのも特長です。

例えば、今回ご紹介した『14ひきのぴくにっく』でのワンシーンを見てみます。

勢いよく小川を飛び越えようとした「ろっくん (6)」が、小川に落ちてずぶ濡れになってしまう場面。

次のページでは「ろっくん (6)」がパンツ一枚になり、濡れた衣服を木の棒に掛けて乾かしてもらっています。

「文」では書かれていないけれど、「絵」でそのシーンがより詳しく、細かく表現されているんです。

一般的な絵本と違い、「文」がページ下の白い部分に書かれていて「絵」を邪魔していないのも、作者のこだわりなのかな、と思ったりもします。

おわりに

いわむらかずお さく『14ひきのぴくにっく』をご紹介しました。

春になると必ず読みたくなる、私自身も子ども達も大好きな絵本です。

この記事では「14ひきシリーズ」の魅力もあわせてお伝えしました。

かなり高い確率で、みなさんの街の図書館にもあると思うので、お時間のある方は探して試してみてください。

もし気に入ったらシリーズで購入するのもおすすめです。プレゼントとして贈っても喜ばれると思います。

この記事が何か少しでもお役に立てれば嬉しいです。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

プロフィール
ひなた

・1989年生まれ
・2児(5才・7才)のママ
・リハビリの専門職
・趣味は読書&散歩

このブログでは、子育てや仕事、生き方に迷ったとき私を支え、活力となってくれた本をたくさんご紹介していきます。

ひなたをフォローする
本の紹介
ひなたをフォローする
ひなたの本棚

コメント

タイトルとURLをコピーしました