『こんとあき』感想・解説 小さな冒険を応援したくなる絵本

本の紹介

今回は、絵本『こんとあき』をご紹介します。

この絵本は、キツネのぬいぐるみ「こん」と女の子「あき」が、「さきゅうまち」にあるおばあちゃんの家まで行く道中で、様々なトラブルを乗り越えていくお話です。

ちょっぴりハラハラしながらも、一生懸命な2人が無事おばあちゃんの家に着くように願わずにはいられない、そんな作品となっています。

この記事では、内容紹介あらすじとおすすめポイント、著者である林明子さんについても書いていきます。

『こんとあき』のあらすじ

「こん」は、おばあちゃんが作ったキツネのぬいぐるみ。

「あき」のおりを頼まれて、「さきゅうまち」からやってきました。

「こん」と「あき」は、「あき」が赤ちゃんの頃からいつも一緒。

「あき」の背が「こん」を追い越し、どんどんと大きくなっていく中、「こん」はだんだんと古くなっていきました。

そしてある日、「こん」の腕がほころびてしまいます。

おばあちゃんの家に、腕を治してもらいに「こん」と「あき」は、汽車に乗り、「さきゅうまち」へと向かいます。

そこでは思わぬ困難が待ち受けていましたが、2人で協力して乗り越えていけるのでしょうか…。

『こんとあき』のおすすめポイント

『こんとあき』のおすすめポイントを次の2点にまとめてご紹介します。

  • 「こん」と「あき」の小さな冒険を応援したくなるストーリー
  • リアリティの中に優しさがある絵

それぞれについて、詳しくみていきます。

「こん」と「あき」の小さな冒険を応援したくなるストーリー

「こん」は、キツネのぬいぐるみですが、まるで人間のように、歩いたり、おしゃべりしたりします。

「あき」も周りの大人達も、それを辺り前のように受け入れます。

ファンタジーであることは確かなのですが、「こん」の存在が、“違和感”として際立つのではなく、現実味のある絵の中でも不思議となじんでいるところが、おもしろいです。

絵本の冒頭では「あき」が赤ちゃんの頃から、成長する過程でずっと「こん」と一緒だった様子が描かれています。

小さな「あき」が汽車に乗って、遠く離れた「さきゅうまち」に行くというのは、かなり勇気のいる行動のはずです。

それでも、今までずっと一緒だった「こん」がそばにいてくれるなら、「きっと大丈夫」と思えたのかなと想像します。

実際に、「こん」はまるでお兄さんのように「あき」の不安をやわらげようとします。

(P8)「この きしゃに のるんだ。あきちゃん、 ぼくに ついてきて」

(P31)「だいじょうぶ、 だいじょうぶ」

「本当に、大丈夫なの? 」という場面でも気丈きじょうに振舞う「こん」はとても健気です。

お話では、汽車が停車している間にお弁当を買いに行った「こん」が戻ってこないまま発車してしまったり、さきゅうで「こん」が犬に連れさられてしまったり…と、様々なトラブルに見舞われます。

子ども達も読みながら、

「電車行っちゃったよ…」

「大丈夫かな…」

とハラハラしている様子でしたが、強い信頼関係で結ばれた「こん」と「あき」なら、きっと乗り越えていけるだろう、と期待しながら読み進められるストーリーです。

リアリティの中に優しさがある「絵」

作者である林明子さんの描かれる「絵」は、ほっこりして可愛らしさがありながらも、細かなところも現実に沿って描かれています。 

『こんとあき』を描く際にも、信越本線や山陰線などに乗って取材をしたそうです。

駅員さんの切符を切る道具(検閲ばさみ)を小指に引っかける独特な持ち方も、この時に目にして、そのまま絵本に描いています。

実物がないと描けないという林さんは、「こん」を描く際にも型紙から起こして手作りして、見ながら描いたそうです。

絵本の裏表紙には、「こん」の型紙がのっています。

ぬいぐるみである「こん」は、基本的に表情を大きく変えないし、ぬいぐるみであるがゆえに、体を動かせる部分も限られているはずなのに、まるで生きているかのような温もりがあります。

実物になるべく忠実に描きながらも、どこか現実を切り取っただけでない温かさがあるのも、林さんの作品ならではだと思います。

一番好きなシーンは、おばあちゃんのお家で「こん」が、お風呂に入るところ。

お風呂を嫌がる「こん」を、半ば無理やりおばあちゃんが湯船に入れてしまいます。

湯船から出ると、「こん」の体が本来の色に戻ったのか、少しきれいになっています。

「こんちゃん、けっこう汚れてたのね…」

と、この場面で気づきます。

こころなしか「こん」も得意げにニヤッとしているようです。

基本情報

  • 作者  :林明子
  • 対象年齢:読んであげるなら 4才から 自分で読むなら 小学低学年から
  • ページ数:40頁
  • 初版出版:1989年6月30日
  • 出版社 :福音館書店

作者 林明子さんについて

林明子さんは1946年生まれ。

1937年、「かがくのとも」の『かみひこうき』で絵本作家としてデビューして以来、実に50年以上、みなから愛される絵本を描き続けてきました

我が家の本棚にも『はじめてのおつかい』『おつきさまこんばんは』『おててがでたよ』『はっぱのおうち』など、林さんの作品がたくさんあります。

みなさんも、きっと一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

先にも書きましたが、林さんの作品の特長は、リアリティがありながらも、温かみや優しさが感じられる絵だと思います。

登場人物の「気持ち」が、その表情や仕草からくみ取れるように繊細に描かれているので、子ども達もスッとお話の世界に入っていけます

今回、ご紹介した『こんとあき』でも、汽車が停止している間にお弁当を買いにいった「こん」を、まだかまだか…と、待っている「あき」は、電車の窓に頬をペタッとくっつけて「こん」の様子をうかがっています。

大人はぜったいやらないけれど、

「小さい子って、こういうことするよね」

と思わず笑ってしまいました。

この辺りの描写も、子どものことをよく観察しているからこそ、描けるものなのかなと思います。

おわりに

今回は、絵本『こんとあき』をご紹介しました。

少しハラハラしながらも、読んだ後は、温かで豊かな気持ちになる素敵な絵本です。

やや文章が長めなので、対象年齢は4才からとなっていますが、絵をみただけでもなんとなくストーリーが予測できるので、我が家の子ども達は3才くらいから楽しめていました。

ぜひ本書を実際に手にとって、お子さんと一緒に読んでみてください。

この記事が何かお役に立てれば嬉しいです。最後まで読んでいただいてありがとうございました。

プロフィール
ひなた

・1989年生まれ
・2児(5才・7才)のママ
・リハビリの専門職
・趣味は読書&散歩

このブログでは、子育てや仕事、生き方に迷ったとき私を支え、活力となってくれた本をたくさんご紹介していきます。

ひなたをフォローする
本の紹介
ひなたをフォローする
ひなたの本棚

コメント

タイトルとURLをコピーしました